Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ八王子の方言トップへ>副詞



!御注意下さい!
【八王子の方言(八王子弁)】と名を付けてはいるものの、八王子の一集落で生まれ育った人間の内の「ひとり」である祖母の口癖を集めただけですので、すべてが『八王子全土で使われている方言』と言える根拠は全く御座いません。『方言でも何でもない、祖母の造語』が混ざっている可能性も捨てきれませんので、その点ご了承の上お付き合いください。また、言語に関する専門知識が皆無の人間によって纏められた為、勘違いや思い違いが有る可能性が大いに御座います。つまり、八王子中を調査した訳でも無く、素人が趣味の一環で制作した物ですので、【八王子の方言(八王子弁)】として学術的に御利用頂くのは絶対にお止め下さい。ただし、八王子の一地域の方言を話す一個人の資料として御参考頂く分には一向に構いません。お役に立てます様でしたら、どうぞ御自由に御活用くださいませ。(引用される場合など、事前に御連絡を頂く等のお気遣いは不要です。)
※2011年6月12日追記:
祖母への調査を開始した所、「おじいさんが良く使って言っていた」「近所の人が使って話していたのを聞いた事がある」と祖母が証言する、【祖母の人生の中では使われて来なかった八王子弁】が多数出て来ました。“祖母の口癖を集めた”との文句を前提にした当資料ですが、しかし、八王子から一度も離れずに住み続けて来た祖母の記憶に残っている時点で、それらも「八王子弁」であると見なし同等の扱いで区別せずに掲載して参ります。祖母が生まれた1920年代以前の村民が使っていた「八王子の方言」を御紹介している部分も有ると言う事で、ぜひ、お楽しみ頂ければ幸いです。








八王子の方言

〜祖母(大正生まれ)の話し言葉〜
副詞


以下にご紹介する八王子弁の説明に、≪高いアクセントを付けて発音≫と言う言葉が
度々登場します。分かりやすく御説明しますと、刑事に、「私はやってないよお
と訴えている状態の語尾の音程に近いです。ご利用の際はぜひお試し下さい。



*副詞に現れる八王子弁






















「あぜ」=「何故」
使用例:あぜ 登っちまったんだかなあ(登ってしまったのだかな)
                   降りれねえよ
(降りれないよ) 困ったよう(困ったよ)

「あにっかしら」=「なにかしら」
使用例:「行きゃあ(行けば) あにっかしら 貰えるらしいから 行ってみんべえ(行ってみよう)

「あれきし」「あれっきし」=「あれきり」
使用例:「ノラ(野良猫)あれっきし 姿を 見せねえんだあよう(見せないのだよ)
                                  死んじまった
(死んでしまった)のかな」

「あんちゅう」=「なんという」 使用例:あんちゅう人だんべ」=「全く 何と言う事よ」
                       /「全く
あんちゅう事よう」=「全く 何と言う事よ」

「いっぺえ」=「いっぱい」(たくさん)
使用例:「そんなに いっぺえ 貰っちゃあ悪いよう(貰っては悪いよ)
        ほうか?
(そうか?) じゃあ もうちっと(もう少し) 貰ってくべ(貰って行こう)


「いかな」=「いかにも」
使用例:いかな 自分は 被害者みてえな(被害者みたいな)
                 つらあ
(面)してえるけんど(しているけれど)
                           あの人にも責任が あらあな
(有るわな)
※祖母より先代が使っていた表現のようです。標準語の「いかな」=「いかなる」(連体詞)とは別物となります。



















































「うんと」=「沢山」
使用例:「こんな ゴミみてえなもん(みたいな物)
      
うんと 貰っちまって(貰ってしまって) 困った
       おめえ
(お前)に 少し やるよ
      「いらねえよ!(要らないよ!) うちに 困るほど
うんと あらあ(有るわ)

「えら」=「沢山」

「からっきし」=「からきし」 使用例:「今年の柿は からっきし 駄目だあ

「きりきり」=「切り切り」=「入れ物の縁いっぱい」
使用例:「そんな きりきりまで 入れちまっちゃっちゃあ(入れてしまう事をしてしまっては)
                    運ぶ時に 零しちまうじゃんかなあ
(零してしまうではないかな)

「くんにゃら」=「病気では無いが、体調が悪くて仕事(活動)が出来ない状態」
使用例:「ひいばあ(曾祖母)は 頭が いてえとって(痛いと言って)
                    年がら年中
くんにゃら くんにゃら してえた(していた)」

「けそけそ」=「しゃあしゃあ」=「いけしゃあしゃあ」
使用例:あんなあ(あんな) こっぱずかしい(恥ずかしい)事を けそけそと なあ!
               あんちゅう
(何と言う) 神経を してえるんだんべ(しているのだろう)!」

「これきし」「これっきし」=「これきり」
使用例:これっきしべえ(これきりばかり) 貰ってもなあ 始末に 困るよう(困るよ)

「さんざっぱら」=「散々」 使用例:さんざっぱら あすんで(遊んで) 疲れたあろ(疲れただろ)

「さんだ」=「散々」 使用例:さんだ 世話あ(世話を) してやった」

「すっぴこっぴ」=「ぺこぺこ」=「お世辞を言ったり機嫌取りをする事(人)」=「出しゃばり」
使用例:「ああやって すっぴこっぴすっから(するから) 嫌われるって 気が付かねえのかな」

「ずるずる」=「柔らかい状態」 ※食べ物に対してのみ使う様です。
使用例:「あたしは コシの有るのより(腰の有る物より)ずるずるな うどんが 好きだあ(好きだ)
    /
「あの店の おにぎりが ずるずるでよう(柔らかくてさ) もう かあねえ(買わない)

「ずるずるべったり」=「遠慮しないで図々しく居座る事」
使用例:「やな(嫌な) おじさん 早く けえらねえ(帰らない)かな 朝来て ずるずるべったりだあ

「せろせろ」=「猫が鼻をクンクンさせて(餌を欲しがって)うろついている」
使用例:「そこで ずうっと(ずっと) せろせろ してえるでえ(しているぜ) あんでだんべ(何でだろう)
     「さっき そこの床に 魚を おっことした
(落とした)んだあよ」


「それきし」「それっきし」=「それきり」
使用例:「水 ひっ掛けてやったら それっきし 来ねえ(来ない)

「ちっと」「ちいっと」=「ちょっと」=「少し」 使用例:「お砂糖? ちいっとで いいよ」

「ちょっくら」=「ちょいと」 ※時間や動きを表現する「ちょいと」。数量や程度を表現する時には使いません。
使用例:「そう? じゃあ ちょっくら 寄らせて 貰うべえ(貰おう)
                          ちゃあ
(茶)は いらねえよ(いらないよ)





































「てんで」=「全然(否定)」
使用例:「宝くじを 買ったんだけんど(買ったのだけれど) てんで 駄目だった

「とっかえひっかえ」=「取りかえ引きかえ」
使用例:「あれこれ被って おめえ(お前)の頭は とっかえひっかえ 忙しいな

「どっちしろ」=「どっちにしろ」
使用例:どっちしろよう
        山田さんが 来なきゃ
(来なければ) どうにもならねえんだ(どうにもならないのだ)


「なんしろ」=「何しろ」 使用例:なんしろ 始末の わりい(悪い) 野郎なんだ」

「ひょいっと」=「ひょいと」
使用例:ひょいっと 目え離した(目を離した) 隙に
         食われちまったよ!
(食われてしまったよ!) 悔しいな!

「ぶいぶい」=「ぶうぶう」=「不平を言うさま」
使用例:「みっともねえ(みっともない)から
         人前で
ぶいぶい 言うんじゃねえや!(言うのではないよ!) (`з´゛) ぶいぶい。

「まあだ」=「まだ」
使用例:まあだ やってんのか(やっているのか) おめえ(お前)は のん気だな!」

「まっと」=「もっと」 使用例:まっと マットを こっちかた(こっちの方)に 寄せろ

「よじよじ」=「よちよち」=「よろよろ」
使用例:「赤ん坊が よじよじ 歩き出したとよ(歩き出したとさ)
    /
よじよじしてえて(よろよろしていて) 危なっかしいったら 無え(無い)


「よっぴて」=「夜っぴて」=「夜通し」
使用例:「おじさん よっぴて 酒を 飲んでたあろ(飲んでたろ)
               ベロベロじゃんかよう
(ベロベロではないかよ)


「わざっと」=「わざと」 使用例:わざっとだんべ(わざとだろう) やり方が 汚ねえや(汚いや)

「わりかし」=「割方」 使用例:「お古たって(お古と言ったって) わりかし きれえ(綺麗)だよな

 

ホームへ八王子の方言トップへ>副詞