Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ八王子の方言トップへ>形容詞



!御注意下さい!
【八王子の方言(八王子弁)】と名を付けてはいるものの、八王子の一集落で生まれ育った人間の内の「ひとり」である祖母の口癖を集めただけですので、すべてが『八王子全土で使われている方言』と言える根拠は全く御座いません。『方言でも何でもない、祖母の造語』が混ざっている可能性も捨てきれませんので、その点ご了承の上お付き合いください。また、言語に関する専門知識が皆無の人間によって纏められた為、勘違いや思い違いが有る可能性が大いに御座います。つまり、八王子中を調査した訳でも無く、素人が趣味の一環で制作した物ですので、【八王子の方言(八王子弁)】として学術的に御利用頂くのは絶対にお止め下さい。ただし、八王子の一地域の方言を話す一個人の資料として御参考頂く分には一向に構いません。お役に立てます様でしたら、どうぞ御自由に御活用くださいませ。(引用される場合など、事前に御連絡を頂く等のお気遣いは不要です。)
※2011年6月12日追記:
祖母への調査を開始した所、「おじいさんが良く使って言っていた」「近所の人が使って話していたのを聞いた事がある」と祖母が証言する、【祖母の人生の中では使われて来なかった八王子弁】が多数出て来ました。“祖母の口癖を集めた”との文句を前提にした当資料ですが、しかし、八王子から一度も離れずに住み続けて来た祖母の記憶に残っている時点で、それらも「八王子弁」であると見なし同等の扱いで区別せずに掲載して参ります。祖母が生まれた1920年代以前の村民が使っていた「八王子の方言」を御紹介している部分も有ると言う事で、ぜひ、お楽しみ頂ければ幸いです。








八王子の方言

〜祖母(大正生まれ)の話し言葉〜
形容詞


以下にご紹介する八王子弁の説明に、≪高いアクセントを付けて発音≫と言う言葉が
度々登場します。分かりやすく御説明しますと、刑事に、「私はやってないよお
と訴えている状態の語尾の音程に近いです。ご利用の際はぜひお試し下さい。



*形容詞に現れる八王子弁
























「あちい」=「熱い」「暑い」
使用例:「おでこが あちい(熱いぜ) おめえ(お前) 熱が あんじゃねえか(有るのではないか)?」

「〜いい」=「〜易い」 使用例:「いつも こうしておいて くれっと(くれると) 分かりいいや」
                   「こりゃあ 癖が無くって 食べいいな」

「いきれったい」=「蒸す(ムシムシする)さま」
使用例:いきれってえ 場所だな 風呂場 みてえだ(みたいだ)

「いじらしい」=「イライラさせる事」
使用例:「男のくせに 意気地が無えで(意気地が無くて) いじらしいったら 無えや(無いわ)

「いぶい」=「煙たい」
使用例「こっちっかた(こちら側)に 居ると
          いぶくって 目を 開けちゃいらんねえよ
(開けては居られないよ)


「いやらしい」=「厭味ったらしく(わざと)嫌な事をする(人)」
使用例:「人が 食事してる時に
       掃除なんか しなくったって いいじゃんかなあ
(いいではないかな)
いやらしいな!」

「うざったい」=「不快」 使用例:「ハエが うざってえな」
(近年使われ出した若者言葉の「うざい」は、「うざったい」を語源にしているらしいです。)










「うざっぽい」=「茂った草むら等で露を感じる事」

「うとい」=「仕事の能力が無い」

「えごい」=「刺激の強い味」=「えぐい」
使用例:「こりゃあ(これは) ちいっと(ちょっと) えごいから
            嫌だったら 食わなくってもいいで
(食べなくてもいいぜ)

「おぞい」=「こすい」 ※どんな人にでも良い顔をする狡い人。









































「おぜえ」=「ずるい」 使用例:「兄貴ばっかり食って! おぜえ!」 ヾ(`皿´)ノ"

「おっかない」「おっかねえ」=「怖い」
使用例:おっかない ばあさんが 居っから(居るから)
       めっからねえ(見つからない)様に 通り抜けろ!
    おっかねえよう! 333メートル?!」

「かずい」=「刺激の強い味」=「えぐい」

「くちい」=「きつい」 使用例:「腹が くちくなったんだんべ」=「お腹がいっぱいになったのでしょう」

「くでえ」=「くどい」 使用例:「ぐちぐちぐちぐち くでえ 野郎だな!

「くれえ」=「暗い」 使用例:くれえから 懐中電灯 持ってけ」

「〜けえ」=「〜かい」
使用例:深けえから 気い付けろ(気を付けろ)あったけえ(暖かい) 部屋だあな(部屋だな)
    「奴なら こっから(ここから) ちけえ(近い)所に 住んでるでえ(住んでるぜ)
    /「今時の わけえ(若い)子」「袖が みじけえ(短い)や」
    「そんな たけえ(高い)所へ 登っちゃあ(登っては) あぶねえよ(危ないよ)!」
    「こりゃ(これは) 柔らけえな 旨そうな 干し芋だ」「空が あけえ(赤い)よ きれいだな」

「〜げえ」@=「〜がい」
使用例:細なげえ(細長い) 旦那だな」
    /「このケーキ 
ほろにげえ(ほろ苦い)のは あんで(何で)?」
    「みっともねえな(みっともないな) 袖が 恐ろしく なげえでえ(長いぜ)!」
    /
にげえ薬だあ(苦い薬だ) 誰が 作ったんだんべ(作ったのだろう)
    /おたげえ(お互い)に 頑張ろうじゃんかなあ(頑張ろうではないかな)

「〜げえ」A=「〜ごい」
使用例:「開けちまったの(開けてしまったの)すげえ(凄い)力だな」
    /
むげえ(惨い)事 すんなよ!(するなよ!)

「こええ」=「怖い」 使用例:「雷が こええから ずっと 布団に 潜ってたんだあよう」

「こそっぱい」@=「こそばゆい」 使用例:「あんまり 褒められんと(褒められると) こそっぱいな」

「こそっぱい」A=「肌などが荒れている」

「こっぱずかしい」=「恥ずかしい」
使用例:こっぱずかしくって(恥ずかしくて) 急いで 逃げ けえって(帰って)来た」


「こびっちぇえ」=「極めて小さい」(「小+ちっちゃい」?) ※馬鹿にする時に使う。
使用例:「やだあ! 何その話ー! ケチくさ〜! こびっちぇえ男ー!」










「こまっこい」「こまっけえ」=「細かい」
使用例:こまっこい字だな… こっちは もっと こまっけえよう」

「こわい」=「硬い」 使用例:「この飯 こわくて 旨かねえや(旨くないや)

「さみい」=「寒い」
使用例:「おめえ(お前) さみい格好 してんなあ(してるなあ) もっと 着ろよう(着ろよ)

「じくもねえ」=「だらしない」
使用例:「あんなあ(あんな)所へ 寝っ転ばって(寝転がって) じくもねえ


「しちめんどくさい」=「七面倒臭い」=「非常に面倒臭い
※「七」は「多い」と言う意味。「親の七光り」「色の白いは七難隠す」などと同じ表現です。
使用例:「よく そんな しちめんどくせえ事 引き受けて来たなあ おめえ(お前)は人が いいんだな」








































「しゃっこい」=「冷たい」
使用例:「こんな しゃっけえ物 食べて 腹あ(腹を) 壊しゃしない(壊しはしない)?」

「しょっぺえ」=「しょっぱい」
使用例:「あたしは しょっぺえ梅干しが でえきれえなんだあよう(大嫌いなんだよ)

「ずるっこい」=「ずるい」
使用例:ずるっこい事べえ(ずるい事ばかり)して その内 ばち(罰)が 当たんべ(当たるだろう)

「するでえ」=「鋭い」 使用例:「子供のくせに するでえな 油断 ならねえや(ならないや)

「〜せえ」=「〜さい」「〜そい」
使用例:小せえ 芋しか 採れねえ(採れない)「出てってくれよ! うるせえ はい(ハエ)だな!」
    「今年は ほせえ(細い)芋 ばっかりだ」「けえり(帰り)おせえ(遅い)な」

「せせっこましい」=「せせこましい」
使用例:「あの人は いつも せせっこましく してえるな(しているな)

「せまっくるしい」=「狭苦しい」 使用例:せまっくるしい 部屋だな 息が 詰まらあ(詰まるわ)

「ちっぽくさい」=「ちっぽけ臭い」=「ちっぽけで価値も無い」
使用例:「こんな ちっぽくせえ 土産じゃ(土産では)
             買って帰ったって 誰も 喜びゃあしねえな(喜びはしないな)!」

「〜てえ」@=「〜たい」
使用例:いてえ(痛い)なあ
           あんだか知らねえけんど
(何だか知らないけれど)

                               あっちもこっちも いてえ
    かてえ(硬い) 煎餅だったな みんな(全部) 食っちまったけんど(食べてしまったけれど)
    「おめえ(お前) 冷てえ 手え(手を) してんなあ(しているな)
    眠てえから ちょっと 寝っ転ばって(寝っ転がって)も いいか?」
    「持って来てえ(持って来て) くれたの? ありがてえ(有り難い)よう」

「〜てえ」A=「〜とい」
使用例:「そういう事には うてえ(疎い)んだな」ふてえ(太い) でえこん(大根)が 採れた」

「ながっぽそい」=「長細い」 使用例:ながっぽそい ニンジンべえ(人参ばかり) 採れた」

「ぬりい」=「ぬるい」 使用例:ぬりい湯だった」































































 

「〜ねえ」=「〜ない」
使用例:「おれのだけ ご飯が 少ねえ (TдT)
    「ありゃあ(あれは) さすがに やり方が きたねえ(汚い)や」「もう ねえ(無い)
    だらしねえ顔 してんな(してるな)
    /「もう けえっちまった(帰ってしまった) 
せわしねえ人だな」
    あんちゅう(何と言う) おっかねえ(おっかない) 階段よ!

「ねばっこい」=「ねばねばしている」 使用例:「この芋は ねばっこくて うめえ(旨い)

「のめっこい」=「滑らか」 使用例:のめっこい肌 してんな(してるな)のめっこく 拭いてくれ」

「はええ」=「早い」「速い」
使用例:「もう届いたの? はええなあ! 昔じゃ 考えらんねえな(考えられないな)!」

「ひつっこい」=「しつこい」 使用例:ひつっこい ハエだな!

「〜ぶい」=「〜むい」
使用例:「あんなとこ(あんな所) さぶくって(寒くて) 座っちゃあ居らんねえよ(座っては居られないよ)
    /「こっち向けて 扇ぐんじゃねえよ!(扇ぐのではないよ!)
              けぶい(煙い)じゃんかなあ!(煙いではないかな!)

「ほそっこい」=「細い」
使用例:ほそっこい腕 してんな(してるな) ご飯 食ってんのか(食べてるのか)?」

「まじい」=「まずい」
使用例:まじいの何のって! 捨てる訳にも いかねえし(いかないし) どうすべえ(どうしよう)

「まどろっこしい」=「間怠(まだる)っこしい」
使用例:「何時まで 待たせんのよ(待たせるのよ) まどろっこしいなあ

「〜めえ」=「〜まい」
使用例:「ご飯が うめえ(旨い)せめえ(狭い) レストランだな」あめえ(甘い) 芋だな」

「めえましい」=「いまいましい」

「めぐらったい」=「目の前が暗い」=「(霞がかかった様に)見えにくい」=「邪魔でいらつく」
使用例:「目が 悪くなったのかな めぐらってえ
    /「朝から 目に あにっか(何か) へえってて(入っていて) めぐらってえんだ」
    「深い藪だなあ めぐらってえし 先へ 進めねえよう(進めないよ)
    「物置ん中が(物置の中が) 蜘蛛の巣だらけで 探すにも 探せねえよ(探せないよ)
                                          ああ めぐらってえなあ」

「やっこい」=「柔らかい」 使用例:やっこい髪 してんな(してるな)

「ゆぶい」=「煙たい」

「よええ」=「弱い」 使用例:「まあた(また) 負けたのかよ! よええ チームだな!

「よくどうしい」=「欲深い」 使用例:よくどうしい ジジイめ

「〜りい」=「〜るい」
使用例:まりい(丸い)顔 してえて(していて) 髪の なげえ(長い)人だよ」
    ふりい(古い)から うっちゃっちまうだ(捨ててしまうのだ)
    ゆりい(緩い)よ もうちっと(もうちょっと) きつく ひっちばって(引き縛って)くれ
    「いつも 送って貰ってべえで(送って貰ってばかりで) あんだか(何だか) わりい(悪い)

「〜れえ」A=「〜らい」
使用例:かれえから 大根おろしに すっと(すると)いいよ
    「鼻が 詰まってちゃあ(詰まっていては) つれえだんべ(辛いだろう)
    「辞めずに 続けてえて(続けていて) えれえ(偉い)もんだなあ
    あれえ(粗い)生地 だからかな チクチクすらあ(チクチクするわ)

「〜れえ」@=「〜ろい」
使用例:「5時っから(5時から) おもしれえ番組が やってんだあよ(やってるんだよ)
    /「嫌に のれえ(鈍い) バスだな 日が 暮れちまうよ!(暮れてしまうよ!)

 

ホームへ八王子の方言トップへ>形容詞