Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ八王子の方言トップへ>形容詞



!御注意下さい!
【八王子の方言(八王子弁)】と名を付けてはいるものの、八王子の一集落で生まれ育った人間の内の「ひとり」である祖母の口癖を集めただけですので、すべてが『八王子全土で使われている方言』と言える根拠は全く御座いません。『方言でも何でもない、祖母の造語』が混ざっている可能性も捨てきれませんので、その点ご了承の上お付き合いください。また、言語に関する専門知識が皆無の人間によって纏められた為、勘違いや思い違いが有る可能性が大いに御座います。つまり、八王子中を調査した訳でも無く、素人が趣味の一環で制作した物ですので、【八王子の方言(八王子弁)】として学術的に御利用頂くのは絶対にお止め下さい。ただし、八王子の一地域の方言を話す一個人の資料として御参考頂く分には一向に構いません。お役に立てます様でしたら、どうぞ御自由に御活用くださいませ。(引用される場合など、事前に御連絡を頂く等のお気遣いは不要です。)
※2011年6月12日追記:
祖母への調査を開始した所、「おじいさんが良く使って言っていた」「近所の人が使って話していたのを聞いた事がある」と祖母が証言する、【祖母の人生の中では使われて来なかった八王子弁】が多数出て来ました。“祖母の口癖を集めた”との文句を前提にした当資料ですが、しかし、八王子から一度も離れずに住み続けて来た祖母の記憶に残っている時点で、それらも「八王子弁」であると見なし同等の扱いで区別せずに掲載して参ります。祖母が生まれた1920年代以前の村民が使っていた「八王子の方言」を御紹介している部分も有ると言う事で、ぜひ、お楽しみ頂ければ幸いです。








八王子の方言

〜祖母(大正生まれ)の話し言葉〜
形容詞


以下にご紹介する八王子弁の説明に、≪高いアクセントを付けて発音≫と言う言葉が
度々登場します。分かりやすく御説明しますと、刑事に、「私はやってないよお
と訴えている状態の語尾の音程に近いです。ご利用の際はぜひお試し下さい。



*形容詞に現れる八王子弁




「あちい」=「熱い」「暑い」
  使用例:「焼き芋の いい匂いが すらあ(良い匂いがするわ)
          よう
(ねえ) こりゃあ(これは) 焼けたあ やつか?(焼けた やつ?)
                           一つ もらいてえな
(貰いたいな) 一つ 呉れよ(頂戴よ)
        「幾らでも 呉れるよう
(上げるよ!)
               好きなだけ 持って行って いいで
(いいぜ)
            あ、 でも
そっちかたに(そっちの方に) あんのはよ(有るのはさ)
                 いまさっき
(今先=つい先刻) 焚火ん中っから(焚火の中から)
                       出したやつだあから
(出したやつだから) あちい(熱いぜ)
                    こっちのを 持ってけよ
(持って行きなよ)
                            ほれ
(ほら) こいなら(これなら) もてやあ(持てるわ)
      /「冬は ぬくくって(温くて) いいんだけんどな(良いのだけれどね)
          この時分にゃあ
(この時期には) 南っかたの(南の方の) 部屋は あちい(暑いわ)


「〜いい」=「〜易い」
  使用例:「リモコンなんかはよ(リモコンなどはさ)
          いつも こうして おいて くれっと
(くれると) 分かり
いい(分かり易いわ)
               あっちゃこっちゃに
(あっちこっちに) やられちまうと(置かれてしまうと)
                         探すのが ことなんだあよ
(事なのだよ=骨が折れるのだよ)
      /「こりゃあ(これは) 癖が なくって(無くて) 食べいい(食べ易いな)
          土産に ふたっぱこ くれえ
(二箱 くらい) 買ってけえるべえかな(買って帰ろうかな)


「いきれったい」=「蒸しているさま」「ムシムシするさま」
  使用例:いきれってえ日だあなあ!(ムシムシする日だね!)
           まあったく
(全く) 風呂場みてえじゃんか!(風呂場みたいではないか!)

「いじらしい」=「イライラさせる事」
  使用例:「男のくせに 意気地が ねえでな!(無くてねえ!)
                       いじらしいったら ねえやっ
(無いわっ)

「いぶい」=「煙たい」
  使用例「煙が みんな こっちい(こっちに) 流れて くらあ(来るわ)
           いぶくって 目を 開けちゃあ
(開けては) いらんねえよ!(居られないよ!)


「いやらしい」=「厭味ったらしく嫌な事をするさま(人)」「わざと嫌な事をするさま(人)」
  使用例:「ひとが(他人が、私が) 食事してえる時に(食事をしている時に)
          掃除なんか しなくったって
(しなくたって) いいじゃんかなあ!(いいじゃんねえ!)
                                      
いやらしいなあ!(いやらしいね!)

「うざったい」=「不快」
  使用例:うざってえ ハイ(ハエ=蠅)だな!
          何時まで 居座る気だんべ
(居座る気だろう)
             虫よけを つるっときゃあ
(吊るしておけば) おんだせべえかな(追い出せるかな)
      /「襟が
うざってえ
           あで
(何で) こんなあ(こんな)
               デザインに したんだかなあ!
(したのだろうかねえ!)
                     いってえ
(一体) どこの ブランドだんべ(ブランドだろう)

(近年使われ出した若者言葉の「うざい」は、「うざったい」を語源にしているらしいです。)


「うざっぽい」=「茂った草むら等で露を感じる事」

「うとい」=「仕事の能力が無い」

「えごい」=「刺激の強い味」=「えぐい」
  使用例:
「こりゃあ(これは) えごいからよう(えぐいからさ)
           嫌だったら 食わなくってもいいで
(食べなくてもいいぜ)
                       無理して 食うこた
(食う事は) ねえや(無いわい)

「おぞい」=「こすい」 ※どんな人にでも良い顔をする狡い人。

「おぜえ」=「狡い」
  使用例:「さっきっから(さっきから)
         兄貴べえ
(兄さんばかり) 食って
おぜえよう!(狡いよ!)
                  いい加減で
(いい加減に) エビチリの 皿あ(皿を)
                     こっちい
(こっちに) 回してくれよう!(回して頂戴よ!)
 ヾ(`皿´)ノ"

「おっかない」「おっかねえ」=「怖い」
  使用例:「トンネルん中に(トンネルの中に)
          
おっかない ばあさんが 居っから(居るから)
                めっからねえ様に(見つからない様に) 通り抜けろお!
      /おっかねえよう!(怖いよ!) 333メートルだと?!」

「かずい」=「刺激の強い味」=「えぐい」

「くちい」=「きつい」
  使用例:「もう いらねえ みてえじゃんか(いらない みたいではないか)
        先に うんと
(沢山) ミルクを 飲んだからな(飲んだからね)
         腹が
くちくなったんだんべ(きつくなったのだろう)=「お腹がいっぱいになったのでしょう」
      /「ああ 腹が くちい(きついわ)
          よせよう
(止してよ) 御代わりなんか いらねえよ!(要らないよ!)
                                                もう 沢山だ」


「くでえ」=「くどい」
  使用例:「おんなし事を(同じ事を) 何時までも ぐちぐちぐちぐち くでえ 野郎だ!」

「くれえ」=「暗い」
  使用例:「中は くれえから
          懐中電灯でも なきゃあ
(無ければ)
               めっけるのは
(見つけるのは) 無理だあでえ(無理だぜ)


「〜けえ」=「〜かい」
  使用例:「そけえらへんから(そこいら辺から) 深けえんだ 気い付けろ(気を付けろ)
      /
あったけえ(暖かい) 部屋だあな(部屋だな) 昼寝でも さしてもらうだ(させてもらうよ)
      「奴なら こっから(ここから) ちけえ所に(近い所に) 住んでらあ(住んでるわ)
      /「あたしが 見たのは(目撃したのは)
           あんなあ
(あんな) 年寄りじゃあ(年寄りでは) 無かったな
                               もっと わけえ
人だったあ(若い人だった)
      /
「ちょんぎっちまったの?(ちょん切ってしまったの?)
                        嫌に
みじけえじゃんか(短いではないか)
      「そんな たけえ所へ(高い所へ)
                登っちゃっちゃあ
(登ってしまっては) あぶねえよ!(危ないよ!)
      /
「空が あけえ(赤いわ) きれえだあな(綺麗だな)

「〜げえ」@=「〜がい」
  使用例:細なげえ(細長い) 旦那が こっちい(こっちへ) 歩いてくらあ(歩いてくるわ)
      /「こりゃ(これは) おもしれえ(面白い) 味のする 菓子だな
           
ほろにげえのは(ほろ苦いのは)
                 あにを
(何を) 入れてるんだんべ(入れているのだろう?)
      「みっともねえな(みっともないな) 袖が 恐ろしく なげえ(長いわ)
      /
にげえ薬だあ(苦い薬だ)
          もうちっと
(もう少し) かんげえて(考えて)
             作ってくれやあ
(作ってくれれば) いいのになあ!(いいのにね!)

      /おたげえ(お互い) 頑張ろうじゃんかなあ!(頑張ろうではないかね!)

「〜げえ」A=「〜ごい」
  使用例:「一発で 開けちまったの?(開けてしまったの?) すげえ力だあな(凄い力だな)
      /
むげえことお(惨い事を) すんなあよう!(するなよ!)

「こええ」=「怖い」
  使用例:「雷が こええから ずっと 布団に 潜ってたあ」

「こそっぱい」@=「こそばゆい」
  使用例:「あんまり ほめられんと(褒められると) こそっぱいな」

「こそっぱい」A=「肌などが荒れている」

「こっぱずかしい」=「恥ずかしい」
  使用例:こっぱずかしいったらねえで(恥ずかしいったら無くって)
                走って にげけえって来ただ
(逃げ帰って来たの!)

「こびっちぇえ」=「こびっちょ(身体の小さい人)な」 ※馬鹿にする時に使う。
  使用例:こびっちぇえ男だ!」

「こまっけえ」=「細かい」
「こまっこい」=「細かい」
  使用例:こまっこい字だな…
               やだよう
(嫌だよ)
                      こっちは もっと
こまっけえ(細かいわ)

「こわい」=「硬い」
  
使用例:「この飯は こわくて 旨かねえや(旨くないや)

「さみい」=「寒い」
  使用例:「おめえ(お前) さみい格好 してんなあ(薄着を してるな)
                                   もっと 着ろよう
(着なよ)


「じくもねえ」=「だらしない」
  使用例:「部屋を かたしも しねえで(片付けも しないで)
            
ねっころばって べえで(寝転がって ばかりで)
じくもねえ

「しちめんどくさい」=「七面倒臭い」=「非常に面倒臭い
  ※「七」は「多い」と言う意味。「親の七光り」「色の白いは七難隠す」などと同じ表現です。
  使用例:「よく そんな しちめんどくせえ事 引き受けて来たな」

「しゃっこい」=「冷たい」
  使用例:「うんと(沢山) しゃっけえ物を 食って
            腹あ
(腹を) こわしゃしねえか?(壊しはしないか?)


「しょっぺえ」=「しょっぱい」
  使用例:「あたしは しょっぺえ梅干しが でえきれえなんだあよう(大嫌いなんだよ)

「ずるっこい」=「ずるい」
  使用例:ずるっこい事べえして(ずるい事ばかりして)
             その内 ばちが
(罰が) 当たんべ(当たるだろう)


「するでえ」=「鋭い」
  使用例:「子供のくせに するでえ
              油断ならねえや
(油断ならないわ)


「〜せえ」=「〜さい」「〜そい」
  使用例:「おっこいでも おっこいでも(掘っても 掘っても)
           
小せえ芋べえ(小さい芋ばかり) でてくらあ(出て来るわ)
      /
うるせえからよ(煩いからさ)
                 もうちっと
(もう少し) 音を 下げてくれっと(下げてくれると)
                               ありがてえん だけんどな
(有難いの だけれどね)

      /「今日は お父さん けえりが(帰りが)
おせえ(遅いな)

「せせっこましい」=「せせこましい」
  使用例:「あの人は 年がら年中 せせっこましく してえて(していて)
                               生きてて 楽しいのかと 思うで
(思うよ)

「せまっくるしい」=「狭苦しい」
  使用例:せまっくるしい 部屋
               息が つまらあ
(詰まるわ)


「ちっぽくさい」=「ちっぽけ臭い」=「ちっぽけで価値も無い」
  使用例:「こんな ちっぽくせえ 土産じゃあ(土産では)
             買って帰ったって 誰も 喜びやあ しねえな!(喜びは しないな!)

「〜てえ」@=「〜たい」
  使用例:いてえなあ(痛いなあ)
            あんだか わからねえけんど
(何だか 分からないけれど)

                                     あっちもこっちも いてえ(痛い)
                                                       年だな」

      かてえ(硬い) 煎餅でよう(煎餅でさ)
          
歯を 持ってかれちまうかと(持って行かれてしまうかと) 思った」

      「寒かったんべ?(寒かったろう?)
          
つめてえ手え(冷たい手を) してらあ(しているわ)
      ねむてえから(眠たいから)
          ちょいっと
(ちょっと) ねっころばらして(寝っ転がらせて) もらうだ(もらうわ)

      「まあよう(何てまあ)ありがてえよう(有難いわあ)

「〜てえ」A=「〜とい」
  使用例:「大学 出てても そういう事には うてえんだな(疎いのだな)
      /「ここは
ふてえ(太い) 毛糸で 編んだ方が よかねえか?(良くはないか?)

「ながっぽそい」=「長細い」
  使用例:ながっぽそい 人参で いいならよ(良いならさ)
                   畑に うわってっから
(植わっているから)
                           それを 持って行きゃあ
(持って行けば) いいや(いいよ)

「ぬりい」=「ぬるい」
  
使用例:「ふう、 ぬりい湯だった」

「〜ねえ」=「〜ない」
  使用例:「おれのだけ ご飯が 少ねえ (TдT)
      「ありゃあ(あれは) さすがに やり方が きたねえ(汚いわ)
      /「かねが
ねえ(お金が無い) (TдT)
      だらしねえ顔 して(だらしのない顔をして) 」
      /「今 来たと思ったら もう けえっちまった(帰ってしまった)
                                      
せわしねえ人だな」
      おっかねえ(おっかない=恐い=危ない) 階段だな!
                  でえくに
(大工に) 手摺でも 付けてもらうようだよ!
                                 
(付けてもらわなければならない事態だよ!)


「ねばっこい」=「ねばねばしている」
  使用例:「この芋は ねばっこくて うめえや(旨いわ)
                         どこのよ
(何処で売ってたのよ?)

「のめっこい」=「滑らか」
  使用例:のめっこい肌 してんな(してるな)
      /「丁寧に
のめっこく 拭いてくれ」

「はええ」=「早い」「速い」
  使用例:「もう 届いたんだと?!(届いたんだって?!)
          へえ!
はええなあ!
              昔じゃ
(昔では) かんげえらんねえな!(考えられないな!)


「ひつっこい」=「しつこい」
  使用例:「ひつっこい ハイだな!(ハエだな!)

「〜ぶい」=「〜むい」
  使用例:「あんなあとこ(あんな所) さぶくって(寒くて)
                座っちゃあ 居らんねえよ
(座っては 居られないよ)

      /「こっちい(こっちへ) 向けて
           扇ぐんじゃあねえよう!
(扇ぐのではないよ!=扇がないでよ!)
                                   けぶいじゃんかなあ!(煙いではないかな!)

「ほそっこい」=「細い」
  使用例:ほそっこい腕 してんな(してるな)
            ちゃんと めし 食ってんのか?
(ご飯を食べてるのか?)

「まじい」=「まずい」
  使用例:まじいなんて もんじゃあ ねえや!(不味いなんて 物では ないわ!)
          この世の ものたあ
(この世の 物とは) おもえねえほどの(思えない程の)
                                     煮物だったあでえ!
(煮物だったぜ!)


「まどろっこしい」=「間怠っこしい(まだるっこしい)」=「間怠っこい(まだるっこい)」
  使用例:「よう!(ねえ!)
         いくふん
(幾分=何分) 待たせんのよう!(待たせるのだよ!)
                                       
まどろっこしいなあ!

「〜めえ」=「〜まい」
  使用例:「トロよか(トロよりか) 赤身の方が うめえやな(旨いよね)
      /
せめえ 便所だあなあ!(狭い トイレだな!)
          ケツが かべえ
ぶっついちまうよ!(お尻が 壁へ ぶつかってしまうよ!)
      /「何時でも 子供にゃあ(子供には)
あめえから(甘いから) こまっちまうよ(困ってしまうよ)

「めえましい」=「いまいましい」

「めぐらったい」=「目の前が暗い」=「(霞がかかった様に)見えにくい」=「邪魔でいらつく」
  使用例:「目が 悪くなったんだか(悪くなったのだか) めぐらってえ
      /「朝っからよ(朝からさ)
         右目に あにっか
(何か) へえってえて(入っていて) めぐらってえのよ」
      「ふけえ(深い) 藪だあなあ(藪だな)
            
めぐらってえし こいじゃあ
(これでは) 先へなんか 進めねえよう(進めないよ)
      「蜘蛛の巣だらけじゃんか(蜘蛛の巣だらけではないか)
               めぐらったくて よけえ 探しづれえや(余計に 探し辛いわ)

「やっこい」=「柔らかい」
  
使用例:やっこい髪 してんな(してるな)

「ゆぶい」=「煙たい」

「よええ」=「弱い」
  使用例:「まあた(また) 負けたんだとな(負けたのだってね)
                    おめえんとこの
(お前の所の) チームは
                             あきれけえるほど
(呆れ返る程)
                                 
よええらしいじゃんか(弱いらしいではないか)

「よくどうしい」=「欲深い」
  使用例:よくどうしい ジジイめ

「〜りい」=「〜るい」
  使用例:「腐っちゃあ いねえだろうけんど(腐っては いないだろうけれど)
         その薬は だいぶんと
ふりいんだあよ(古いのだよ)
            うっちゃっちまった方が
(捨ててしまった方が) よかねえか?(良くはないか?)
      「そんなあ(そんな) 結びっかたじゃあ(結び方では) ゆりいよ!(緩いよ!)
            くそむすびに したって
(堅結びに しても) かまあねえんだ(構わないのだ)
                    けっとばしても
(蹴飛ばしても) ほどけねえように(解けない様に)
                             ひっちばっちまってくれ!
(引き縛ってしまってくれ!)

      「いつも 送って貰ってべえで(車で送って貰ってばかりで)
                  あんだか
(何だか)
わりいからよ(申し訳ないからさ)
                                 今日は 駄賃を やるだあよ
(渡しますよ)


「〜れえ」A=「〜らい」
  使用例:「そっちの ちいせえ でえこんは(小さい 大根は) かれえんだ(辛いのだ)
                                  大根おろしに すっといいで
(するといいぜ)
      「両の鼻が(両方の鼻の穴が) 詰まっていちゃあ(詰まっていては)
              息が しづれえだんべ
(し辛いだろう) 苦しかねえの?(苦しくないの?)

      「きつくって(きつくて) てえへんな(大変な) 仕事なあのに(仕事なのに)
           辞めねえで
(辞めないで) 続けてえるなんて(続けているなんて)
えれえ(偉いよ)
      「目があれえ生地だかんな(布目が粗い生地だからね)
                     さわっと
(触ると) チクチクすらあ(チクチクするわ)

「〜れえ」@=「〜ろい」
  使用例:「8時っから(8時から) おもしれえ(面白い) 番組が やっからな(やるからね)
                         そのめえに
(その前に) 風呂に 入っちまうだ(入っておく!)

      /「この電車は 嫌に のれえ(鈍いな)
                          きっとよ
(きっとさ)
                                 車掌が 呑気なんだあな
(呑気なのだな)



 

ホームへ八王子の方言トップへ>形容詞