Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ八王子の方言トップへ>助詞



!御注意下さい!
【八王子の方言(八王子弁)】と名を付けてはいるものの、八王子の一集落で生まれ育った人間の内の「ひとり」である祖母の口癖を集めただけですので、すべてが『八王子全土で使われている方言』と言える根拠は全く御座いません。『方言でも何でもない、祖母の造語』が混ざっている可能性も捨てきれませんので、その点ご了承の上お付き合いください。また、言語に関する専門知識が皆無の人間によって纏められた為、勘違いや思い違いが有る可能性が大いに御座います。つまり、八王子中を調査した訳でも無く、素人が趣味の一環で制作した物ですので、【八王子の方言(八王子弁)】として学術的に御利用頂くのは絶対にお止め下さい。ただし、八王子の一地域の方言を話す一個人の資料として御参考頂く分には一向に構いません。お役に立てます様でしたら、どうぞ御自由に御活用くださいませ。(引用される場合など、事前に御連絡を頂く等のお気遣いは不要です。)
※2011年6月12日追記:
祖母への調査を開始した所、「おじいさんが良く使って言っていた」「近所の人が使って話していたのを聞いた事がある」と祖母が証言する、【祖母の人生の中では使われて来なかった八王子弁】が多数出て来ました。“祖母の口癖を集めた”との文句を前提にした当資料ですが、しかし、八王子から一度も離れずに住み続けて来た祖母の記憶に残っている時点で、それらも「八王子弁」であると見なし同等の扱いで区別せずに掲載して参ります。祖母が生まれた1920年代以前の村民が使っていた「八王子の方言」を御紹介している部分も有ると言う事で、ぜひ、お楽しみ頂ければ幸いです。








 

八王子の方言

〜祖母(大正生まれ)の話し言葉〜

 

助詞


以下にご紹介する八王子弁の説明に、≪高いアクセントを付けて発音≫と言う言葉が
度々登場します。分かりやすく御説明しますと、刑事に、「私はやってないよお
と訴えている状態の語尾の音程に近いです。ご利用の際はぜひお試し下さい。



*助詞に現れる八王子弁




「〜で(え)」=「〜ぜ」

「踊る」「恥だ」などの、「〜ぜ」の意味。用法は「〜ぜ」と全く同じです。動詞・形容詞・助動詞以外の品詞に付ける時は、標準語の「〜だぜ」の様に、前に〜だ(あ)を置き「〜だあで(え)」と言う事になります(動詞・形容詞・助動詞でも、後ろに助詞「の」が付けばその先は「〜だあで(え)」となります)。イントネーションが標準語の「〜ぜ」の用法と違い、常に「でに高いアクセントを付けて発音します(相手に訴えかける感じのイントネーション)。標準語の「〜ぜ」のように、「ぜ」を低く発音するイントネーションでは使いません。※【注1】

使用例:「夜だあでえ「新聞屋さん だあでえ「使うだあでえ「昨日は確かに あったでえ

     「重い「知らねえだあでえ「触っちゃいないでえ「顔が青いだあでえ

     「行っても窮屈だあ「静かだあ「たぶん だあでえ「これきり だあ

     「それなのに だあでえ、ひでえ(酷い)仕打ちだ」「まだ食べられるでえ

     「あの人がよう、あたしのプリンを だあでえ、 人にやっちまったんだよう。悔しいよう。

 

 

【注1】

江戸弁の中に、「〜でい」と語尾に付ける用法(「こちとら江戸っ子でい」「おいらの犬でい」)があり、似ていますが、江戸弁の「〜でい」は助動詞「〜だ」の意味なので関係ありません。八王子弁で「オレの犬でえ」という言い方はありません。「オレの犬だ」の意味で「オレの犬だあ」と言い、「オレの犬だぜ」の意味で「オレの犬だあでえ」と言います。

 

 

「〜よ(う)」=「〜よ」

「踊りに誘う」「誘わないで」などの、「〜よ」の意味。イントネーションが標準語の「〜よ」の用法と違い、常によ(う)に高いアクセントを付けて発音します(相手に訴えかける感じのイントネーション)。標準語の「〜よ」のように、「よ」を低く発音するイントネーションでは使いません。

使用例:「全くよう「そうだよう「食っちまったよう「困ったよう「こりゃ安いよう

     /「寝ちまうだあよう「ボケちゃいねえよう「飯が少ねえだあよう「渡んなよう

     「カメさんよう「肥だめに落っこっちまっただあよう「感謝しろよう「よせよう

     「おめえよう、菜っ葉もいで持ってけよう=「お前さんよ、菜っ葉をもいで持って行きなよ」

 

 

「〜べえ〜」=「〜ばかり〜」※範囲の限定

「踊ってばかりいる」「踊りにばかり興じるな」などの、「〜ばかり〜」の意味。範囲の限定を意味する「ばかり」に付けられる品詞であれば、「〜べえ〜」の前に置いて同じように表現できます。ただし動詞の場合は、連用形+助詞「〜て」(または「〜で」)を用いた形だけしか使えません(動詞の、ウの段で言い切る連体形に繋げると、助動詞「〜しよう」「〜だろう」の意味の八王子弁「〜べ(え)」の意味になってしまいます)。また、形容詞の場合は、終止形の「〜く」で言い切る形にしか使えません(「〜い」で言い切る連体形に繋げると、同じく助動詞の「〜べ(え)」になってしまいます)。尚、標準語「〜ばかり〜」の場合「私は走ってばかり(よ)」などの様に「ばかり(よ)」で会話を終わらせる事が出来ますが、八王子弁「〜べえ〜」の場合は「べえ」で文を終わらせる事は出来ません(「私は走ってべえ(よ)」とは言い切りません)。「私は走ってばかりいる(よ)」の様に、「走ってべえいる(よう)」と、必ず後ろに動詞を含んだ文(「〜している〜」など)が続きます。アクセントは「べ(え)」に高く取って発音します。※【注4】【注6】【注7】

使用例:「毎日イモべえ食ってるだ」「“もしもし”べえ言ってる」「悪さべえしてるらしいで」

     「ヨダレを垂らしてべえいるなあ」「帰り?いつも山田さんに送って貰ってべえいるだ

     「咳べえしてえる「カラオケが ねえから アカペラでべえ 歌ってる」

     「夢にべえ出てくるだ「山田さんとべえ遊んでるだあ「畑の野菜べえ食べてるだ

 

 

「副詞+べえ〜」=「〜ばかり〜」※おおよその数量・程度

「少しばかり踊る」などの、「〜ばかり〜」の意味。おおよその数量・程度を意味する標準語「ばかり」と同じように、「〜べえ〜」の前に来るのは、数量を示す副詞になります。アクセントは「べ(え)」に高く取って発音します。※【注4】、【注6】、【注7】

使用例:「ちいっとべえでいいよ=「少しばかりでいいよ」

 

 

【注4】

八王子弁の中には、助詞「〜べえ〜」とは別に、「しよう」「だろう」の意味で助動詞「べ(え)」があります。助動詞と助詞の「べえ」両方を一つの文章に使うと次のようになります。「犬が吠えてべえいるべえ?」(犬が吠えてばかりいるだろう?)「ちいっとべえ貰うべえ」(少しくらい貰おう)。べえべえべえべえ、牛みたい。

【注6】

八王子弁の助詞「〜べえ〜」では、標準語「ばかり」の全ての意味や形・活用を表現できません。ですので、八王子弁で表現できない他の表現の「ばかり」を言う時は、そのまま標準語の「ばかり」を使う事になります。何故そんな中途半端な状態で方言を使っているのか、そして使いこなしているのか、理由は分かりません。

【注7】

助詞の「〜べえ〜」(ばかり)を動詞(連用形+助詞「〜て」または「〜で」)に繋げる時、動詞が「〜で」で終わる場合「踏んでべえ」(踏んでばかり)「読んでべえ」(読んでばかり)となりますが、「で」の後ろに「ん」(「いる」の俗言)を入れると「踏んでんべえ」(踏んでいるだろう)「読んでんべえ」(読んでいるだろう)と、助動詞〜だんべえ(「だん」を省略。)の意味になります。一字違いで混同しそうですが実際は、助詞「べえ」の後ろには必ず動詞を含んだ文が繋がりますし(「踏んでべえいる」)、逆に助動詞「だんべえ」の方は「〜だんべえ」で言い切りますので(終助詞の「よ(う)」「な(あ)」が付く事はあります。「踏んでんべえ(よ)」)、区別は簡単です。イントネーションの違いも明らかですので、聴き分けも容易です。

 

 

「〜なあ」=「〜な(あ)」

「踊ったなあ」「もう踊る」などの、「な(あ)」の意味。標準語と同じ使い方ですが、常に「なあ」(特に「あ」)に高いアクセントを付けて発音します(標準語のイントネーションより高い)。

使用例:なあ?旨いだんべえ?」(同意を求める「なあ」)/「食べてえなあ「弱ったなあ

     「そうだなあ「危ねえから近寄るなあ「お父さんの悪口なんか言うなあ

     /「良く遊び歩くなあ「安かったんべえなあ「あたしはボケちゃ いねえだあなあ

 

 

「〜とって」=「〜とて」(「〜といって」の意味でのみ使う。)

「踊れるといって喜んでた」「踊るなといってコーチが怒っていた」などの、「〜といって」の意味。「〜とて」には他に、「〜でも」「〜だって」「〜といっても」「〜としても」のような意味がありますが、八王子弁の「〜とって」は「〜といって」の意味だけを表現します。使い方は標準語と同じです。

使用例:「バス停ひとつ走ろうとって、無茶したらしいで「ここに住むとって、寝床こしらえてらあ」

     「アンジャッシュに貰ったあとって、自慢してべえ「便利だあとって、みんな使ってんな」

     「ご飯粒が少ないとって、隠れて文句言ったあ」「知らねえとって、しらばっくれてやった」

     「ミカンらしいとってくれたけど、こりゃデコポンだよなあ」「お前にとって、預かってきた」

 

 

「動詞の連用形+や(あ)」

「動詞の連用形・五段活用(一部を除く)+ゃ(あ)」

=「〜(し)は」 ※後ろに必ず「〜しない」と続きます。

「踊りを休みはしない」「気に掛けはしない」などの、「〜(し)は」の意味。動詞の連用形であれば全て「〜や(あ)」と続けて言う事ができますが、さらに五段活用動詞の場合は「〜ゃ(あ)」と言う事もできます(ただし、五段活用動詞でも、最後の文字が「あ行」で終わる場合は「〜ゃ(あ)」では繋げません。使えるのは「〜や(あ)」のみです)。「〜や(あ)」「〜ゃ(あ)」の意味は同じですが、「〜や(あ)」の方が丁寧な言い方です。後項の【動詞・形容詞の仮定形+や(あ)/ゃ(あ)】(「〜(すれ)ば」「〜(けれ)ば」)のと全く同じ発音・形態なので混乱しそうですが、どちらの意味で使っているかは文脈で簡単に判断できます。「〜(し)は」の意味で使う時は必ず「しない」と否定的な言葉が続きます。【注8】

使用例:「いっくら(いくら)待ってもバスが来しねえで 日が暮れちまった」

     /「電話なんか ししねえよ おめえに用なんか ねえもの」

     /「まさかバイクの後ろに子供なんか乗せしねえだろ?危ねえから ぜってえ(絶対)よせ」

     /「捨てしねえ はずなんだけどなあ どこへ やっちまったんだんべ」

     /「着物なんか もう着しねえけんど うっちゃっちまう(捨ててしまう)のも惜しいな」

     /「落ちしねえかと あたしゃヒヤヒヤして肝を潰したよう もう登んねえでくれ」

     /「誰か ここに置いといた あたしの饅頭を 食いしねえ?」(「あ行」で終わる五段活用)

     /「あのくれえじゃ 死に(死にゃあ)しねえんだと」(五段活用)

     /「転び(転びゃあ)しねえよ けつまづいただけだあ」(五段活用)

 

 

「助動詞の連用形+や(あ)/ゃ(あ)」=「〜は」 ※後ろに必ず「〜ない」と続きます。

「大舞台で踊りたがりはしないよ」「舞台に立たせはしない」「〜は」の意味。使い方は標準語と同じです。助動詞によって「や(あ)」「ゃ(あ)」のどちらかを使います。ただし、「たがり」のみは両方使えます(以下参照)。「や(あ)」「ゃ(あ)」の意味は同じもので、表現に善し悪しはありません。「や(あ)」の場合、後項の【助動詞の仮定形+や(あ)/ゃ(あ)】(「〜れば」)と全く同じ発音・形態なので混乱しそうですが、どちらの意味で使っているかは文脈で簡単に判断できます。【注8】

使用例:「(見)させやあ(しないよ)」(使役「させ」+「は」)

     「(まさか町中に知ら)しめやあ(しないだろ)」(使役「しめ」+「は」)

     「(察)せやあ(しねえもの 鈍感だから)」(使役「せ」+「は」)

     「(食べ)たが(しないよ そんな物)」(希望「たがり」+「は」)

     「(あれの)ようゃあ(なりたくねえ)」(推量、比況「ように」+「は」)

     「(こええ(怖い)から下り)られやあ(しねえよ)」(受身、可能、自発、尊敬「られ」+「は」)

     「(誰にも聞か)やあ(しねえよ ビクビクすんな)」(受身、可能、自発、尊敬「れ」+「は」)

 

 

「助動詞・形容詞の連用形+か」=「〜くは」 ※後ろに必ず「〜ない」と続きます。

「踊りをやめたくはない」「引き際が美しくはない」などの、「〜くは」の意味。使い方は標準語と同じです。

使用例:「(本当は会い)た(ねえんだ)」(助動詞・希望「たく」+「は」)

     「(おめえ)らし(ねえな 菓子も食わねえの?)」(助動詞・推量「らしく」+「は」)

     「細かねえか?一円ぐれえ(ぐらい)減ってたって 死にゃあしねえよ」

     「別に羨ましねえけど どんなもんかなあと思って聞いただけ」

     「こんな年になれば 誕生日が来たって 特別 めでたねえやあ」

 

 

「動詞・形容詞の仮定形+ゃ(あ)」

「動詞の仮定形・上一段、下一段活用+や(あ)」

「形容詞の仮定形+や(あ)」

=「〜(すれ)+ば」「〜(けれ)+ば」

踊れば元気になる」「踊る事をよせば治る」「苦しければ言え」などの、「〜すれ+ば」「〜けれ+ば」の意味。動詞・形容詞の仮定形であれば全て「ゃ(あ)」と続けて言う事ができます。加えて、動詞の上一段・下一段活用の場合と、形容詞は「や(あ)」と言う事もできます。「や(あ)」「ゃ(あ)」の意味は同じですが、「や(あ)」の方が丁寧な言い方です。「ゃ(あ)」を使う時には、その直前に来る単語(仮定形)の一番最後の一文字を変換させて「きゃあ」「びゃあ」「みゃあ」などと表現します。※【注9】上一段・下一段活用で「〜や(あ)」を使う時には、その直前に来る単語(仮定形)の最後の一文字「〜れ」を「や(あ)」に置き換えて言います。前項の【動詞の連用形+や(あ)/ゃ(あ)】(「〜(し)は」)の「や(あ)」「ゃ(あ)」と全く同じ発音・形態なので混乱しそうですが、どちらの意味で使っているかは文脈で簡単に判断できます。【注8】

使用例:「親切な人だったな 名前でも聞きゃあ良かった

     /「この上っ張りを 脱ぎゃあ いいんだな ああ 涼しくなったよう」

     /「梅干しを漬けた後にな 干しゃあ 皮がやっこく(柔かく)なるんだあ」

     /「勝ちゃあ いいってもんでもねえけど あの賞品は魅力だな

     /「コロッと 死にゃあ 楽でいいけどな そう上手くは行かねえな」

     /「あの猫は あたしが呼びゃあ 寄って来るんだ おもしれえ(面白い)な」

     /「この本を読みゃあ 為になるって言われて読んだけど 意味が分からねえ」

     /「そんな噂すんな 奴の耳に入りゃあ 怒鳴り込まれるぞ」

     /「もっと早く来りゃあ(くりゃあ)まんじゅうが残ってて食べれたのに」

     /「折って こうすりゃあ 良かんべ まだ下着が めえてる(見えてる)か?」

     /「そんだけ高けりゃあ(高けやあ) よっぽど旨い寿司だったんだんべ」(形容詞)

     /「八十も過ぎりゃあ(過ぎやあ)な 友達も兄弟も減って つまんねえよ」(上一段活用)

     /「ほうか(そうか) 2種類の味噌を混ぜりゃあ(混ぜやあ) 旨くなんのか」(下一段活用)

 

 

【注8】

「や(あ)」「ゃ(あ)」で、「〜は」(連用形)と「〜ば」(仮定形)の両方使って文を作ると次のようになります。「丸太んぼのまんまじゃあ 燃えやあしねえよ それが燃えやあ大したもんだあ」(丸太のままでは燃えしないよ それが燃えれば大したものだ)。

 

【注9】

「〜ゃ(あ)」の直前に来る一文字は、前の単語(連用形・仮定形)の最後に来る文字によって決まります。最後の文字が、【か行】→「きゃ(あ)」、【が行】→「ぎゃ(あ)」、【さ行】→「しゃ(あ)」、【た行】→「ちゃ(あ)」、【な行】→「にゃ(あ)」、【ば行】→「びゃ(あ)」、【ま行】→「みゃ(あ)」、【ら行】→「りゃ(あ)」、となります。

 

 

 

「助動詞の仮定形+ゃ(あ)/や(あ)」=「〜れば」

「彼を踊らせれば素晴らしい」「君が口を出さなければなお良い」などの、「〜れば」の意味。助動詞によって「や(あ)」「ゃ(あ)」のどちらかを使います。ただし、両方使えるものもあります(以下参照)。「や(あ)」「ゃ(あ)」の意味は同じもので、表現に善し悪しはありませんが、「ゃ(あ)」「や(あ)」も両方使える助動詞(以下参照)では、「〜や(あ)」の方が丁寧な言い方になります。「ゃ(あ)」「や(あ)」の場合、前項の【助動詞の連用形+や(あ)/ゃ(あ)「〜は」の「や(あ)」「ゃ(あ)」と全く同じ発音・形態なので混乱しそうですが、どちらの意味で使っているかは文脈で簡単に判断できます。【注8】

使用例:「(見)させゃあ/させやあ(喜ぶぞ)」(使役「させれ」+「ば」)

     「(知ら)しめゃあ/しめやあ(いいんだ)(使役「しめれ」+「ば」)

     /「(察)せゃあ/せやあ(大したもんだ)(使役「せれ」+「ば」)

     「(食い)たけゃあ(手伝え)」(希望「たけれ」+「ば」)

     /「(食べ)たがゃあ(やったっていいんだよ)」(希望「たがれ」+「ば」)

     「(会わ)なけゃあ(よかった)」(打消「なけれ」+「ば」)

     /「(早く植え)ゃあ(花の時期が終わっちまうでえ)」(打消し「ね」+「ば」)

     /「(あの辺りへ下り)られゃあ/られやあ(ミョウガをいっぺえ(いっぱい)摘めんのに)

       (受身、可能、尊敬、自発「られれ」+「ば」)

     「(こんなことヤツに聞か)りゃあ/れやあ(広まって面倒な事になんぞ)」

       (受身、可能、尊敬、自発「れれ」+「ば」)

 

 

 

「〜ちゃ(あ)」=「〜ては」

「集まっては皆で踊った」「集会を認めてはいない」などの、「〜ては」の意味。使い方は標準語と同じです。

使用例:「走っちゃあ危ねえから ゆっくり行け」「本人は知っちゃいねえだんべ」

     「すぐには貸しちゃあくれねえんだと「人と比べちゃあ不満べえ言って損な性格だな

 

 

 

「じゃ(あ)」=「では」

「スリッパでは踊れない」「では裸足で踊れ」などの、「では」の意味。使い方は標準語と同じです。

使用例:「おい!走るんじゃあねえよう!転ぶぞ!」じゃあよう キュウリを一本くれ」

     じゃあな 気を付けて帰れよ 自転車じゃあ すぐ家に着くだんべ」

     「今時分に出掛けたんじゃあ どこも混んでて 大変だったろう

     じゃあ言うけんどよう おめえだって 言う程の男前って訳じゃねえじゃねえか

     「山田さんとは お茶飲んじゃあ 人のウワサしたり 歌うたったりして 楽しかった

 

 

 

「〜にゃ(あ)」=「〜には」

「僕には踊りがある」「オーディションには受かったのか?」などの、「〜には」の意味。使い方は標準語と同じです。

使用例:「ここいらにゃあ スーパーが ひとっつも(ひとつも)ねえで 全く不便だあよう

     夕飯は まだ だけんどな 風呂にゃあ入ったよ」「あいつにゃあ もう うんざりだ」

     「猫に やるにゃあ もったいねえから 結局自分で食ったよ

     「電気屋にゃあ 修理をずいぶん前に頼んだんだあでえ 忘れちまったのかな

     「寝るにゃあ 早すぎらあ」「起きるにゃあ 早すぎらあ」

 

 

 

「〜くれえ」=「〜くらい」

「逆立ちで踊るくらい訳は無い」「そんな自慢をするのは君ぐらいだ」などの、「〜くらい」の意味。使い方は標準語と同じです。

使用例:「2〜3百万ぐれえでメソメソすんな!←オレオレ詐欺の電話に対応した祖母の実際のセリフ。

     「あん時(あの時)ぐれえ困った事は無かったな」「そのくれえで止めとけよ」

 

 

 

「〜っけか?」=「過去を思い出す終助詞【け】+疑問の終助詞【か】?」=「〜っけ?」

「あの舞台で踊ったっけ?」「あれって舞台だったっけ?」などの、「〜っけ?」の意味。使い方は標準語と同じです。一般的には、単純に「〜っけ」に疑問符「?」をつければ同様の意味が成立する言葉ですが、八王子弁では「〜っけ?」と「け」で言い終わる使い方はあまりしません。疑問を投げかける時は「〜け?」と言い、単に思い出話をする時は「〜っけ」の後ろに「なあ」を付けて「〜っけなあ」と言います。ちなみに、自問する時は「〜っけかなあ?」と言います。

使用例:「これって煮るんだっけか?生で食っちまったよ「どこへ しまったっけかなあ?

     「実家ってこんな山奥だったっけか?「おめえが探してた芋は見つかったんだっけか?

 



「〜とよ」=「〜とさ」
使用例:「あの人も 知らねえんだとよ「どうしても 明日までに 金が いるんだとよ
    /「来週 帰って来るとよ「あの人は公務員だったから うんと(沢山)年金が出るとよ
    /「トンカントンカン うるせえだんべ(うるさいだろう)
          ひがしっかた
(東の方)だけでも
            今日中に 終わらせちまわねえ
とよ(終わらせてしまわないとさ)
                           お隣さんに 迷惑だあから
(迷惑だから)よ」



ホームへ八王子の方言トップへ>助詞