Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ八王子の方言トップへ>接続詞



!御注意下さい!
【八王子の方言(八王子弁)】と名を付けてはいるものの、八王子の一集落で生まれ育った人間の内の「ひとり」である祖母の口癖を集めただけですので、すべてが『八王子全土で使われている方言』と言える根拠は全く御座いません。『方言でも何でもない、祖母の造語』が混ざっている可能性も捨てきれませんので、その点ご了承の上お付き合いください。また、言語に関する専門知識が皆無の人間によって纏められた為、勘違いや思い違いが有る可能性が大いに御座います。つまり、八王子中を調査した訳でも無く、素人が趣味の一環で制作した物ですので、【八王子の方言(八王子弁)】として学術的に御利用頂くのは絶対にお止め下さい。ただし、八王子の一地域の方言を話す一個人の資料として御参考頂く分には一向に構いません。お役に立てます様でしたら、どうぞ御自由に御活用くださいませ。(引用される場合など、事前に御連絡を頂く等のお気遣いは不要です。)
※2011年6月12日追記:
祖母への調査を開始した所、「おじいさんが良く使って言っていた」「近所の人が使って話していたのを聞いた事がある」と祖母が証言する、【祖母の人生の中では使われて来なかった八王子弁】が多数出て来ました。“祖母の口癖を集めた”との文句を前提にした当資料ですが、しかし、八王子から一度も離れずに住み続けて来た祖母の記憶に残っている時点で、それらも「八王子弁」であると見なし同等の扱いで区別せずに掲載して参ります。祖母が生まれた1920年代以前の村民が使っていた「八王子の方言」を御紹介している部分も有ると言う事で、ぜひ、お楽しみ頂ければ幸いです。








八王子の方言

〜祖母(大正生まれ)の話し言葉〜
接続詞


以下にご紹介する八王子弁の説明に、≪高いアクセントを付けて発音≫と言う言葉が
度々登場します。分かりやすく御説明しますと、刑事に、「私はやってないよお
と訴えている状態の語尾の音程に近いです。ご利用の際はぜひお試し下さい。



*接続詞に現れる八王子弁
















「けんど」=「けれど」 使用例:「おめえ(お前)は そう言うけんど こっちの身にも なってみろ」

「すっと」=「すると」
使用例:「そうすっと 上手く 行くけんど(行くけれど) ああすっと 失敗すんだあよ」

「そいから」=「それから」
使用例:「買い物して…
       そうだ 
そいからよう(それからよ) 銀行に 行きてえんだけんど(行きたいのだけれど)

「そいじゃあ」「ほいじゃあ」=「それじゃあ」
使用例:ほいじゃあ 世話になるべえ(世話になろう) 助かったよう」

「そいで」「ほいで」「ほおで」「おおで」=「それで」
使用例:「屋根裏へ 上がってみたら スズメが 居てよ(居てさ) そいでな…
    /
ほいで 騙されたあ」
    /「さよなら言って …ほおで 行っちまった(行ってしまった)
    /
おおで 肝心な時に 言わねえんじゃなあ!(言わないのではな!)
※祖母が標準語の「それで」を表現する時は基本「そいで」「ほいで」と言います。状況(話し相手との親密度や場の雰囲気など)によって、リラックスしていたり興奮していたりすると、気分や感情が露わになって「ほおで」「おおで」と変化する様です。お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんが、フリートーク中に「ほいで」「ほーで」「おーで」と使い分けて喋っていらっしゃいます。設楽さんは埼玉県の山奥の御出身だそうです。






「そのけし」=「そのかわり」 使用例:そのけしよう 用事 頼まれてくれる?」

「だあから」=「だから」 使用例:だあから あたしは 嫌だって 言ったんだあ」

「だあけんど」=「だけれど」
使用例:だあけんどよう(だけれどよ) 年寄りには これ以上は 事だあでえ(事だぜ)

 

ホームへ八王子の方言トップへ>接続詞