Copyright © はなふさ あんに(花種 案庭)

ホームへ絵日記トップへ>絵日記9


絵日記8へ

はなふさ あんに の 絵日記9
2018年1月13日(土)〜

2018年6月15日(金)

どんな味だか言ってみろ!


親戚が集まりました。

お夕飯は、お弁当屋さんを利用する事になりました。

それで、
「電話で予約をしておこう。」
と言う事になり、

そこで、
いち早く紙とペンを取り、
皆の注文を聞いてメモを付け始めたのは、

いとこ達の中で一番年上の
従兄のお兄ちゃんでした。
(正確には40代の『オジサン』だけど。)

私は、
「おー。さすが長男!」
と、心の中で頼もしく思いました。



彼は、
『受験戦争』がピークの時代に、
塾へも通わず自力で学力を付け、
東京の難関大学へ進み勉学に励んだ、
私の尊敬する、自慢のお兄ちゃんです。















↓そのお兄ちゃんが書いたメモの様子↓










私は高卒ですが、

世の中、学歴で頭の良し悪しや上下関係が決まる訳では御座いません。





なので私は、


正々堂々と、


お兄ちゃんの頭を


二発ひっぱたいておきました。







『母の庭』
我が母、庭に畑をこしらえて、只今ミニトマトを育てています。






ナスも育てています。






アジサイも育てています。






スミレは彼方此方で勝手に咲きました。





現在、庭の手入れをしているのは母だけです。

父と姉と私は、現在だけで無く、先の未来になっても庭の手入れはしないでしょう。
詳しくは語りませんが、現実的に無理なのです。

そこで問題になるのが、
母が病に倒れたり、あの世へ行ってしまった時。

確実に、草ボウボウの庭が、早々に、完成するでありましょう。


で、私が今から考えているのが、
コンクリートか砂利で庭を覆う事。

花と緑の心洗われる庭が無くなるのは寂しいですが、仕方がありません。

今の内に、母の庭を、十二分に、心に留めておきます。







蝶々も来てますよ。



2018年1月13日(土)

皆様にお馴染みの、例の姉が。


姉が

「いらっしゃいませ〜。」(´ー`) 〜♪


と言いながら

自分の(姉の)部屋へ入って行きました。






































もう、
訳が分かりません!!


タスケテっ!
(/TДT)/





『衝撃写真』

我が家のゴミ置き場を撮影した写真です。
ここに、衝撃の現状が、写ってしまいました。

上部のフックに吊るされている袋には各々、
『八王子市指定の有料ゴミ袋』がサイズ別に入っています。

その上です。
良く見て下さい…、あなたには…見えますか?








油性ペンでー!壁に!直に!
書いちゃったよ書いちゃったよ!!
うちの例のオバサン、壁に書いちゃったよー!!!



私が「やっちまったな〜。」と眺めていたら、
母がやって来て、


「ああ、20Lの袋が無いでしょ、買って来なくちゃ。」


違うっ!問題は、そこじゃないっ!



絵日記8へ

ホームへ絵日記トップへ>絵日記9